1次試験感想

2017年度の診断士1次試験を受けてきた感想を今回は書いていこうと思います。

あまり文章を書くという経験がないため、汚い文章ですがそれでもよかったらご覧になっていってください。

今回、私は以下の4科目を受験してきました。

 

経済学・経済政策

財務・会計

経営法務

経営情報システム

結果としてはなんとか全部合格することができました。

正直財務・会計はほとんど勉強していなかったので一応受けておくかと思って受けてみたら運良く受かっていました・・・

 

約153時間の勉強で4科目合格できたのは、勉強方法と試験での戦略がうまくいったかなと感じました。

たくさんの方が言われていることですが、診断士の試験は6割とれば科目合格となるため、逆に4割は間違えても良い試験です。

しかし、過去問と同じ問題はでないこと、勉強している人でもよっぽど正解できない問題が含まれていて、年度によって難易度が大きくかわることから、6割を確実にとることも中々難しいことのように思っていました。

ということで、勉強する際は常に6割を確実にとることを意識して勉強をしました。

具体的には、過去問の演習をするときは初めて解くときから時間を意識しました。最初は時間ぎりぎりまでかかってしまうと思いますが、それでも時間は厳守。最終的には15分くらいですべての問題に解答できるようになっていました。

(60分の試験のみ受験)

 

そのおかげか、本番ではすべての科目が30分程度で1週目が終わり、見直しに大きく時間をつかうことができました。診断士科目合格

わからない問題はわからなくても、とにかく見直しにかける時間を増やし、取れる問題を確実にとる。資格試験では基本のことかもしれませんが、診断士の試験に関しては特に重要だと今回の試験で感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です